イベント

東アジア文化都市2019 開幕式 豊島

投稿日:

東アジア文化都市2019 開幕式が、2019年2月1日 東京芸術劇場にて行われました

 

はなさん
東アジア文化都市って知ってる?
なにそれ?
ゆりさん
はなさん
中国、韓国、日本の3都市で行うんだけど。。。

 

今回の記事では、2019年東アジア文化都市に関してわかります

 

 

東アジア文化都市とは

「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベントなどを実施するものです。

これにより、東アジア域内の相互理解・連体感の形成を促進するとともに、東アジアの多彩な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。

また、東アジア文化都市に選定された都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。

豊島区実行委員会事務局発行パンフレットより抜粋

東アジア文化都市 豊島区(日本)

  • 人口:約29万人
  • 面積:13㎢

 

日本一の高密都市。総人口の1割が外国人住民で、特に中国、韓国の方が多数を占めています。

マンガ・アニメの聖地として注目を集めており、マンガ・アニメの発信拠点として注目を集めています。

手塚治虫をはじめマンガ界を牽引した巨匠たちが暮らした「トキワ荘」は現在の南長崎3丁目にありました。現在トキワ荘をミュージアムとして再現するために準備中です(2020年3月オープン)

東アジア文化都市2019豊島のプロモーション映像は、なんとアニメで製作されました。

「はらはら、どきどき、文化がいっぱい」をコンセプトに国際アートカルチャーとし豊島区を世界に向けて発信していきます。

東アジア文化都市 仁川広域市(韓国)

  • 人口:約302万人
  • 面積:1063㎢

 

韓国西北部の黄海に面した韓国を代表する港湾都市。韓国の空の玄関口として東北アジアの交通のハブ、国際物流の中心都市として注目されています。

 

東アジア文化都市2019仁川のスローガンは、「文化を結ぶ空の道、平和を切り開く海の道」韓国を代表する国際空港と港を通じて、仁川が東アジア文化交流の中心地かつ北東アジア地域の平和の中心として生まれ変わることを願う気持ちが盛り込まれています。

東アジア文化都市 西安(中国)

  • 人口:約825万人
  • 面積:10108㎢

 

中国西北地方の政治・経済・文化の中心地。シルクロードの東の起点として栄えた都市で旧名は「長安」

紀元前3Cには秦の始皇帝が万里の長城や、壮大な墓を残し、皆が知っている兵馬俑(へいばよう)は西安最大の歴史遺産です。

東アジア文化都市2019 年間行事

 

3月8日(金)〜11日(月)「東京アニメアワードフェスティバル」

 

日本を代表する国際アニメーション映画祭。池袋駅周辺映画館などで行われます。作品の上映だけでなく、ワークショップやシンポジウムなども開催します。

 

5月予定 池袋ジャズフェスティバル

 

池袋西口一帯を会場に様々なライブを実施予定。

 

5月〜6月 殺し屋ですのよ

 

星新一のショートショート集を舞台化、韓国国立劇団の招聘講演。

 

6月8日(土)〜16日(日) 「アートオリンピア2019」

 

豊島区役所1Fにて芸術家の発掘と活動の支援を目的にした国際公募展。公開審査、受賞作品展を開催。

 

7月20日(土)〜28日(日)「春春〜ボムボム〜」

 

韓国作品を翻案し、0歳から大人まで全世代が楽しめる舞台を創作・上演。

 

8月12日(月祝) NEW にゅ〜盆踊り ー東アジアスペシャル

 

池袋西口公園の夏の風物詩「にゅ〜盆踊り」の新作を創作。

日本在住の中国、韓国の子どもたちを踊り手に加えて、東アジアスペシャルな盆踊りを行います。

 

10月予定 池袋ハロウィンコスプレフェス2019

池袋東口エリアにて開催。日本最大級のコスプレイベント!

国内外から1万人も参加する大イベント。この日は、池袋がカラフルに彩られます。

 

こまりちゃん
年間を通じて、様々なイベントが予定されています。

たくさんの方にご来場いただき、文化をいっぱい体験していただきたいです。

東アジア文化都市 豊島区開幕式の模様

 

2月1日に東京芸術劇場にて行われた開幕式にご招待いただきまた。

簡単にその開幕式の模様をお伝えします。

 

東京芸術劇場で行われた開幕式典では、豊島区長、文化庁長官、東京都知事、西安副市長、仁川広域市副市長などが壇上であいさつされました。

司会は、豊島区で育ったフジテレビアナウンサーの笠井さんでした。

前半は開幕宣言、お祝いの言葉などがあり、後半は3都市による文化交流公演が行われました。

【仁川市】

仁川市立舞踏団による「扇の舞」「愛の唄」「小鼓の舞」が披露されました。

鮮やかな衣装と一糸乱れぬ完璧な舞に、呼吸をするのも忘れてしまうほどでした。まさに会場に華が咲いたような、艶やかて美しい舞でした。

【西安市】

西安交響楽団と唐誌を吟ずる、魂からの湧き上がるエネルギーを感じる力強い作品でした。

また尺八独奏は、目を閉じると水墨画が浮かび上がるような、壮大な世界が繰り広げられました。

 

【豊島区】

アニメ音楽×オーケストラ=アニケストラ。

マンガ、アニメの聖地として注目を集める豊島区。懐かしのアニメソングをオーケストラで披露。

そして、アニメソングといえばこのかた”水木一郎”さんが ゲッターロボ、デビルマン、マジンガーZなどを歌い上げました。

アニメソングを知らない方でも、オーケストラの迫力ある演奏に”ハラハラ、ドキドキ”しました!

 

またオープニングで披露された日中韓 3か国の言葉で歌う「わたしは未来」という子供たちによる合唱は目頭が熱くなりました。

この歌は、東アジア文化都市だけでなく3か国の全国民が歌える歌になるように、浸透していったら嬉しいです。

 

 

まとめ

東アジア文化都市2019豊島 いかがでしたでしょうか?

日中韓3か国で行われる文化交流、各年で様々な催しが予定されています。各年、各国の文化を身近に体験出来るチャンスです。

ぜひ参加して各国の友好を深め、同じ東アジアを盛り上げていきましょう。

 

-イベント

Copyright© 初めての韓国を120%楽しむためのサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.