日本でも楽しむ韓国

ユノ愛読書!日本語翻版「あやうく一生懸命生きるところだった」

あやうく一生懸命生きるところだった

 

「あやうく一生懸命生きるところだった」

 

タイトルから思わず手に取りたくなってしまう。装丁が爽やかなエメラルドグリーン、そこに白ブリーフで寝転ぶ男性。それだけで期待十分。

韓国で25万部超ベストセラーエッセイ。帯には元ももクロの有安杏果さんが絶賛しているコメントもありました。ページをめくる手が止まらなくなる、一気に読破してしまったエッセイのご紹介です。

 

東方神起ユノの愛読書

#하마터면열심히살뻔했다  韓国で販売されている本のタイトルですが、ハッシュタグ検索してみると1.6万超!

 

さらに東方神起のユノの愛読書ということで、ファンの間でも話題になりました。

 

  • 韓国大手書店のKYOBO文庫で「2019年上期ベスト10」
  • 韓国ネット書店YES24「2018年最高の本」
  • 韓国で25万部超のベストセラーエッセイ

 

あやうく一生懸命生きるところだったの口コミ

 

この本の口コミを調べてみると、高評価投稿がたくさん

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハ・ワン「あやうく一生懸命生きるところだった」 満足度★★★★☆ . . さよなら、一生懸命の人生。 最近売れてるみたいで、気になってた1冊を読了。 哲学書みたいに頑張って読む本じゃないのに、普通の言葉が突き刺さって心が癒やされる。 いつも本を読んでて好きな言葉をEvernoteに書いてるんですが、この作品は抜粋しまくって書きすぎてました。 この作者は、感情を言語化する能力がハンパないと思うね。 日々のストレスになるような感情をスーと癒やしてくれる優しい言葉。 悩むとか、頑張るって事に対して、自分はこうで良いんだ!って肯定してくれる。 人生に迷ったら読みたくなる1冊になりそうな予感。 小説が好きらしくこんな言葉があった。 _______ 自分ひとり分の人生では物語が足りない。ゆえに理解も不足する。 生き方、世の中、他人を理解できずに苦労する。 だから人間は物語を発明したのかもしれない。なんて素敵な発明なんだろう。 _______ . #あやうく一生懸命生きるところだった #本 #エッセイ #読書 #読書感想 #読書記録 #読書倶楽部 #本棚備忘録 #本好き #読んだのあしあと

Maccoの本棚(@macco___1986)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#あやうく一生懸命生きるところだった #ハワン #岡崎陽子 #ダイヤモンド社

BOOKSりんご屋 kiyosumiten(@booksringoya.kiyosumiten)がシェアした投稿 -

あやうく一生懸命生きるところだったを読んで

 

韓国でベストセラーエッセイになっている『あやうく一生懸命生きるところだった』は、いったいどんな内容なんでしょうか?

著者は、会社勤めとイラストレーターのダブルワークをしていたある日、「こんなに一生懸命生きているのに自分の人生はなんでこうも冴えないんだ」をやりきれない気持ちが限界に達し、40歳を目前にして会社をやめる。「一生懸命生きない」と決めた著者のエッセイ。

出典:あやうく一生懸命生きるところだった

 

読み終えて、国は違えど著者と同世代の私は共感の嵐でした。

私が大学生の頃は「就職超氷河期」と呼ばれ、特に女子大生は面接の申し込みすら受け付けてもらえないなど、本当に苦しい時代でした(今なら大問題よね...。)

新卒スタートから非正規雇用の友人はさまざまな面で苦労していると常に嘆いていました。「こんなに一生懸命働いているのに、頑張ってるのに報われない世代だね」と慰め合うことも多かったです。

 

たった一つ、この道だけが唯一の道だと信じた瞬間、悲劇が始まるのだ。

出典:あやうく一生懸命生きるところだった

 

私はこの一節に深く同意。若い頃には気づけなかった、経験したからこそ今だからうなずけるこの一節。

 

このエッセイは、自分のことを見つめ直すきっかけになったり、背中を教えてくれたり、癒やしを与えてくれたり、心の処方箋のような本だと感じました。

きっと自分の環境、年齢、状況によって、読む度にいろいろなメッセージを与えてくれるはずです。

 

あやうく一生懸命生きるところだった【電子書籍】[ ハ・ワン ]

 

オススメポイント

 

 本の内容をいろいろ細かく載せることはできないので、勝手にオススメするポイントを上げてみました。

 

イラストが癒やし

 

著者であるハ・ワンさんのイラストが癒やしです。

なんとも言えない白ブリーフ男が描かれているのですが、とてもシュールで且つ愛らしい。白ブリーフ男が癒やしなんて文面だけでは「?」かと思いますが、ひとつの癒し効果になっています。

ぎっしり文章が詰まっている小説も読み応えがありますが、ゆるいエッセイは気持ちもほぐれてほっこりします。

 

 

翻訳が絶妙

 

翻訳は岡崎暢子(のぶこ)さん。翻訳家であり編集者。そしてさまざまな仕事を手がているスーパーウーマン。だと私は思っています。でも実際にお会いすると、とても親しみやすく気さくで面白い方なんです。

そんな岡崎さんは同世代ということもあり、感覚が近いのかより文章がすんなりと入ってきました。

文章の中に「塩対応」とか「降臨した」という表現があるのですが、このあたりも私の世代だからなのか、ただ私だけかもしれませんが、しっくり体に溶け込んでくるのです。

「面白さ × 読みやすさ」 によって本当にあっという間に読み終えてしまいました。

 

各パートにメッセージがある

 

各章ごとにあるメッセージが、本文とは違う可愛いフォントで青字で表記されています。時間がない人はこの部分だけを拾って読むだけでも、なにか気づきやヒントが得られるます。

私の願望としては、この青字部分だけの小さな本をバイブルとして持ち歩きたい。

ダイヤモンド社さんお願いします(笑)

 

まとめ

 

東方神起ユノの愛読書「あやうく一生懸命生きるところだった」いかがでしたでしょうか?

一生懸命生きることは悪いことではないけれど、同じように一生懸命生きないこともありなんだ。ということに気がつける一冊です。

ちょっと疲れたときに、なんだかなぁ〜ってときに、または一生懸命生きている方に、ぜひ手にとっていただきたい本です。

「あやうく一生懸命生きるところだった」猛烈にオススメしたい一冊です!

 

-日本でも楽しむ韓国

© 2020 よすみまりの【だから韓国】 Powered by AFFINGER5