nami island 南怡島 冬ソナのロケ地が再ブームに


現在、第3次韓流ブームはKPOP
時代は変わり、小学生がTWICEを歌い、
中学生がKPOPのダンスを運動会で披露。
20年前には夢にも思わなかった時代となりました。

今でも韓流ドラマを見ているのは冬ソナ世代
なんてささやかれておりますが、
「はい!私も冬ソナ世代!
どっぷりと冬ソナの世界に
はまったうちの一人です。

実は今、ドラマ「冬のソナタ」の
ロケ地として有名な

南怡島(ナミソム)が再ブームを迎えています

南怡島に行ったことがない人も、
当時行ったきりご無沙汰だわ。
という人も、
この記事を読んだらきっとまた行きたくなるはず。(多分)

今回は、ホヤホヤの南怡島情報をお届けします。

冬のソナタ

第一次韓流ブームの火付け役となったのが、
日本人なら誰もが耳にしたことがあるであろう
「冬のソナタ」

2003年にNHKBS放送で放送。
2004年に地上波でNHKが再放送して大ヒット。

 

 

冬ソナは、超純愛ラブストーリー
この時見ていた主婦層に突き刺さり、
大ヒットとなりました。

どこか懐かしく、切ない想いを抱きながら
テレビの前に張り付いていた人が大勢いました。
私もその中の一人です。

 

冷静に見てみると ”そんなバカなぁ〜” とか
”ありえないでしょぉー”ということもありますが、
ドラマだからいいのです。冬ソナだからいいのです。

 

まだご覧になっていない方は、
韓流ブームの立役者である
「冬のソナタ」は必ずご覧いただきたいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】海外TVドラマDVD 冬のソナタ DVD-BOX 初回限定版 全2BOXセット
価格:4600円(税込、送料別) (2018/11/17時点)

 

楽天で購入

 

 

 

冬のソナタの影響

当時の冬ソナブームにより
ヨン様のマフラーを真似する人が出たり、
韓国語を学び始める人続出

韓国旅行へ行く人も増加して、
お土産に 韓国のり、
済州みかんがサンドされているチョコレート、
韓国コスメなどが
日常でもお目にかかることが増えました。

冬のソナタグッズ

この時のブームの大きさは
当時のグッズからもわかります。
こんなものまで作っちゃったの?
というようなものまで
グッズとして販売されました。

当時、ヨン様がプリントされた
クッションを持っていたことは秘密です(笑)

【 DVD 】

放送後、DVDレンタル大手TSUTAYAさんに行っても
連日貸し出し中で借りられない状況が続きました。

 

DVDBOXが販売され、もちろん私は購入。

【 切手 】

なんと冬のソナタの切手まで販売されました。

日本のドラマでいうと、
あすなろ白書」が流行ったから切手が販売される
そんな感じですよね?(ドラマの例えが昭和すぎてスイマセン)

そんなこと今まであったのでしょうか??

 

切手シートになっています。80円の切手です。
時代を感じますね。(現在封書の切手は82円)

スポンサーリンク

【楽譜】

当時冬のソナタOSTの譜面まで販売されておりました。

自分で弾きながら冬の世界に浸れるというもの。

私も弾いてみたい!と譜面を買ったものの
子どもの頃に習ったピアノ。。。

OSTのような流れる曲にならず断念。

 

【ポラリスのネックレス】

ドラマで重要なアイテムだった
”ポラリスのネックレス”

ホワイトゴールドやプラチナの素材で
販売されておりました。
それなりのお値段で
販売していた記憶があります。

 

探してみたら、ちゃんと保管していました。
”これ今普通に使っても素敵じゃないですか??”
ダメ?! 

今もまだ売っているのか検索したら、
とあるオークションでK18WG品 58000円
で出ておりました(すごっ!)

持っている冬ソナグッズをご紹介いたしましたが、
これ以外にも様々な冬ソナグッズが世に誕生しました。

第一次韓流にのっていた方は、
お家のどこかにお宝が眠っているかもしれませんよ!

南怡島

冬のソナタの有名なシーンの撮影に使われた南怡島(ナミソム)は、
江原道(カンウォンド)の春川(チュンチョン)市にございます。

大韓民国中北部を流れる北漢江の中にある、南北に長い半月型の島。直径4km、面積40万m2で、韓国ドラマ「冬のソナタ」の撮影に使われた観光地として知られる。
Wikipedia引用

 

ブームの時、自然豊かな静かな島に日本からもたくさんの方が足を運びました。

現在の南怡島

冬ソナブームから15年が経ち、
現在の南怡島(ナミソム)は?というと、

 

再炎しています

 

2018年11月某日(平日:雨)
朝9:00でツアーバが何台も停まっていて
乗船場では船を待つ乗客がたくさん並んでいました。

 

お天気もいまいちですし、平日だし、朝早いし。
「空いているでしょ。」という予想を覆す人気っぷり。

乗客を見てみると、日本人1割。
東南アジア、台湾の方がほとんどでした。
きっと日本の第一次韓流ブームの時は、
9割が日本人だったのでしょう。

5分ほどで対岸の南怡島に到着。

ちょうど南怡島は紅葉真っ最中!
とっても綺麗に色づいた木々が迎えてくれました。

こまり
お昼頃には、南怡島に向かう乗船客がさらに増えていました。
ゆっくり自分のペースで楽しみたい方は、
朝早い時間に来ることをオススメ
します

南怡島撮影スポット

【紅葉名所 南怡島のベストスポットMAP】

初キスのベンチ

雪だるまが出てくるこのシーンは、
あまりにも有名です。

パチンコ冬のソナタでも
このシーンが出てくるとか。

混むと撮影するのに長蛇の列ができるほど。
でも冬ソナファンには外せない場所ですね。

メタセコイア道

カン・ジュンサン(ヨン様)と
チョン・ユジン(チェジウ)が
デートをするシーンでとても印象的だったのが、
メタセコイア道

 

めちゃくちゃ美しい

 

大げさですが、言葉を失いかけましたね。
冬のソナタのシーンを反芻しながら、
ユジンになりきり「一人冬のソナタ」

 

色づいたメタセコイアは、本当に美しかったです。

 

誰でもスマホで雰囲気ある写真が撮れちゃいます(笑)

 

紅葉の時期は南怡島のどこを切り取っても美しい。

南怡島の楽しみ方

南怡島は美しい庭園だけでなく島の中で
楽しめるプログラムが用意されています。

  • 南怡島工芸院
  • 絵本の遊び場
  • 体験工房(紙づくり)

など様々な文化体験もできます。

南怡島は日帰りで遊びに行くのもいいですが、
島の中にホテルやコンドミニアムなど
宿泊施設があります

宿泊してゆったり南怡島の1日を
楽しんでみたいものです。

カフェ

南怡島の中には、カフェや飲食店などもあります。

南怡アイランドブックカフェは、
絵本で飾られたカフェ。

レジ前にはお土産もちょこっと売っています。

南怡島は、46万㎡の島です。
島の隅々までぜひゆっくり時間をかけながら
丁寧に見て、感じていただきたいです。

南怡島への行き方

シャトルバスが便利

  1. 仁寺洞発 9:30
  2. 南大門発 9:30
  3. 明洞発 9:45

大人料金 15000W(往復)
子供料金 13000W(往復)

電車で行く場合

  • <京春線>春川駅ー加平駅(約28分)
  • <ITX-青春>龍山駅ー加平駅(約60分)
  • <ITX-青春>清涼里駅ー加平駅(約42分)
  • <ITX-青春>春川駅ー加平駅(約20分)

「加平駅」から徒歩20分 車で約5分です。

南怡島

入場料金

  • 一般:13000W
  • 中学生〜高校生、70歳以上 10000W
  • 36か月〜小学生まで 7000W

入場料金には、往復乗船料が含まれています。

まとめ

南怡島の紅葉シーズンはもう終盤。
今年はもう間に合わないかもしれませんが、
南怡島がさらに美しく輝く
といわれる冬がやってきます。

どの季節の南怡島もきっと訪れる人に
感動とメッセージをあたえてくれるでしょう。

日本の冬ソナブームは終わりましたが、
リマインド旅行として、
南怡島に足を運んでみませんか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください