仁川祭り 装い新たに夜のお祭り開催「文化財夜行」

これから韓国はお祭りシーズン。各地で開かれるお祭りに合わせて韓国へ行く方も少なくありません。

特に地方ではその地域の特産品や旬のものなどを生かしたお祭りも多く開催されます。

文化財夜行とは

政府機関である文化財庁の支援をもらい行うイベントです。文化財夜行が行われる都市は、仁川、江華島、慶州、大邱、水原、大田、木浦、郡山などです。

仁川の文化財夜行

仁川の中区開港場で開かれる文化財夜行は、昨年は「パンマシル」というイベント名で開催されていました。

去年のパンマシルに参加しましたので、その模様をお届けしますね。

 

中区の区庁前にはステージが設けられ、灯台の点灯式が行われました。

”パンマシル=夜の遊び” 本格的な祭りは暗くなってからスタートして、夜遅くまで開催されました。

開港場一帯には、屋台が広がりハンドメイド商品を販売したり様々なお店が並びます。

韓紙のライトなど、なかなか日本では手に入れにくいものなどをお手頃価格でゲットできるチャンスかもしれません。

スポンサーリンク

 

製作しているところを目の前で見られるお店もありました。

開港場の日本人街に広がる夜の灯りと広がる屋台が、なんとも美しいです。

 

お祭り開催中は、歩行者天国になるのですが、道路の真ん中にパラソル、テーブル、椅子が用意されていて、屋台で買ったものを食べられるスペースもあります。

 

ステージでコンサートも行われたり、ミュージカルが披露されたり様々な催しが行われます。

年配の方々に大人気の歌手でした(どなたか分からずスイマセン)

 

開港場を上から見た画像。お祭りには、仁川市内だけでなく様々な地方からたくさんの方がいらっしゃいます。

 

今年は2回に分けて開催されます。

第1回目は、すでに終わってしまいましたが、

第2回目は10月6日(土)7日(日)に開催される予定です。

 

仁川駅から徒歩5分ほどで賑わう会場に到着です。

ぜひお祭りに合わせて、ご旅行予定を組んでみてはいかがでしょうか? 合わせて周りのカフェを回ってみるのもオススメです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください