平昌視察ツアーに参加しました⑨ 洛山寺編1

今回の視察ツアーでは、「テンプルステイ」という大きな体験が組み込まれていました。

日本でも体験したことがなく、とてもとても楽しみに参加いたしました。

洛山寺は、海に面したとてもロケーションの良いところに位置しています。

日の出が美しく見えるところとしても有名で、写真愛好家などが朝早くから詰め寄せます。

テンプルスティでは、様々な体験が用意されていました。

到着したらまずは、お寺で着用する修練服に着替え僧侶との挨拶を。

 

宿舎はこちら

 

女性の僧侶は、最初にみんなに“チュッパチャプス”をくれました。

 

 

 

初めての体験をする時って、人間何も考えないで挑むことは難しく、

自分の経験や知識、潜在的意識の中で、

体験する前にイメージをしているものです。

 

テンプルステイって、こんな感じかな、こんなことをするのかな?と

想像を膨らませていたので、

思いがけないチュッパチャップスに、いい意味でなんか力が抜けました。

 

なんというか、その辺りを心得ている僧侶様素晴らしい!

 

作法習儀を僧侶から教えていただき、全員で練習をしました。 

立った状態からおでこをつけるくらいまで伏せるので、かなり体を使います。

 

実際にこれを108回毎日行うダイエット方法などがあるそうで、

芸能人も行っているとか。

確かに続けてやったら痩せそう!!

 

日本でも仏教とひとくくりにしてもいろんな宗派があります。

同様に韓国の仏教作法も日本とは異なりますが、

西洋の人に比べると同じアジア仏教文化が浸透しているので、

馴染みやすかったです。

 

作法習儀のあとは、精進料理の夕食をいただきました。

僧侶が私たちのためにメニューを組んでくださった、種類豊富なメニュー。

 

 

大きな茹でたじゃがいもが、

何もつけていないのにサツマイモのように甘かったんです。 

江原道は、じゃがいもの産地として有名ですが、

今まで食べた中で一番甘いじゃがいもでした。

砂糖を入れてゆでているんじゃないかと疑ったくらいでした。

 

精進料理をお腹いっぱいいただいた後は、仏参りです。

 

先ほど習ったことを実践。

無事に仏参りを終え、洛山寺のテーマにもなっている「夢探し」を行いました。

 

夢探しとは、自分の夢と向き合いそれを実現するためのプログラムです。

夢を叶えたら、また新たな夢を持つ そうやって自分自身と向き合いながら

常に目標、夢を持って生きていこうというプログラムです。

ただ漠然と“こうなれたらいいなぁ”“こんな風になったらいいかなぁ”

くらいのぼんやりしたものも、ゆっくりとじっくりと自分と会話をしながら向き合ってみる。

 

 

そして、夢として目標として書き出し言葉にすることで、

自分のやりたいことが浮き彫りになってきます。 

今回こうして、自分の夢を文字化したことによって、

私の中でやりたいことが明確なものに変わりました

自分しっかり向き合う時間を得られたこと、

とっても大切だったなぁと思いました。

 

忙しい毎日の中、日常の渦の中ではなかなかこういった時間が持てなかったり、

時間があっても浮かび上がりにくかったりします。 

日常とは切り離された空間、時間の中でこういった体験ができるということは、

テンプルスティの醍醐味ではないかと思います。

夢探しの後は、108数珠通し体験を行いました。

 小さな丸い木の数珠を一つずつ通していくことは心を落ち着かせ、

集中力を高め、私の中では精神統一にとても良かったです。

 

 

自分自身への嬉しいお土産もできました。 

きっとこの数珠を見るたびにこの日のことを思い出すでしょう。

 

 

寺内の夜の散歩です。

波の音とともに、素晴らしい景色を見ることができました

 

 

ため息が出るくらい美しかったです

 

 

 

就寝は、21時。

 たくさん歩いて疲れていたようで、すぐに深い眠りに落ちました。 

 

続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください