八田靖史がオススメするグルメツアー7


さて、グルメツアーレポもついに最終日をお届けすることとなりました。それでは早速参りましょう!

過去記事はこちらから御覧ください。

周王山チョンソル食堂

最終日の朝ごはんは、前日の大典寺へ向かう道の食堂です。18000Wの山菜ツルニンジン焼き定食

もうテーブルの上に乗り切らず、お皿の上に橋渡しのような状態で置かれております。

一体何皿あるのでしょうか!!

【桑の若芽のナムル】

桑の若芽のえごま和え。これがお箸がすすむすすむ!

【発酵大豆のゆずサラダ】

チョングクチャンにこんな食べ方があったんですね〜。 スッキリと爽やかな味でした。おすすめです!

 

【ハナウドのチヂミ】

【ツルニンジン焼き】

これはツアーで2度食べましたが、すごく気に入りました。私にとっては美味しい出会いとなりました!

【ナムル盛り合わせ】

サルナシの葉やシラヤマ菊の生と乾燥のもの2種、しいたけ

【当帰のキムチ】

左が当帰のキムチ。韓方ではお茶や薬としてよく使われますが、キムチとしていただくのは初めてでした。

食べた瞬間に口に広がり、鼻に抜ける韓方の香りに朝から体がしびれました。

【キビのチヂミ】

お食事と一緒に出てきたのですが、これはほぼスイーツですね。あまーいキビが体にしみました。美味しかった❤

 

全部で30種以上あったかと思います。

本当に数え切れないほどの料理に朝から健康的なご飯をいただけて大満足でした! ごちそうさまでした!!

 

周王山チョンソル食堂

住所:경상북도 청송군 부동면 공원길 164

電話:054-874-5358

義城マヌル市場

義城といえば義城ニンニク!

全国的に名前の通った義城ニンニクですが、その生産量は全国の3%にしかならない。

ニンニクは寒地型と暖地型がありますが、義城で栽培されているのは寒地型です。暖地型に比べて辛味、香味が強く、貯蔵性に優れています。

質的には寒地型のほうが評価は高いものの生産量が少なく、2016年の場合は全体のわずか14.1%。義城のほか、丹陽、瑞山、三陟といった地域で栽培されており、その中でもっとも生産量の多いのが義城です。

義城は他の産地に比べて日射量が多く、また降水量が少ないため身の詰まったニンニクに仕上り、生産量は少なくともニンニク自体の品質がよいというのが地元の自慢!!

八田さん資料より

義城のニンニクが集まる市場へ行きました。

スポンサーリンク

ニンニクが積まれて、ニンニクタワーができています。

 

生産者の方からお話を伺いました。

義城ニンニクは、高い栄養価、成分がギュッと濃縮されているそう。カットしたニンニクを再びくっつけてもぴったりくっついて落ちない!と実際に見せていただきました。

森川先生は、なんとニンニクを購入!サンタのようになっておりました

さて、最後のお昼ご飯は、このニンニクを使ったお料理とのこと。楽しみです!

 

マカマヌルイヤギ

ニンニク体験センターに併設している義城ニンニクに特化したお店です。

ちょうど訪れた日が、移転オープン日だったこともありなんだかおめでたい。

体験館なども見学させていただきました。

 

ニンニクを使用し開発した商品の販売所もありました。

「黒ニンニクエキス」 これ飲んだら一気に元気になりそうですね。

 

実は、この日の朝食は、9時20分に終えたのですが、お昼ご飯が何と2時間後!

正直、全然お腹空いていない状態でのお昼ご飯となりました。

 

【キクラゲサラダ】

ニンニクとえごまのソースが、絶妙。キクラゲが大好きな私には、ドストライクメニューでした。

これは家でも作ってみたい!

【揚げニンニク】

これがスナック感覚で止まらないんですよね。危険なんですよね。このあと飛行機乗るっているのに、調子に乗って食べました(周りの皆さんゴメンなさい)

【黒ニンニクの煮こごり】

しいたけ、えのき、人参などが入った黒ニンニクの煮こごりです。涼しげな一品。

【ハナビラタケのサラダ】

綺麗に花開いたような花びらだけ。ゆずドレッシングが絶妙にからみ食感もよく美しかったです。

【マヌルトッカルビ】

メインディッシュ!

オーブンで焼いた焼きたてをいただきました!

満腹だったはずなのに、私 しっかり2つ200g完食してしまいました!!

「甘くて美味しかった〜❤」

最後はシッケ

마카갈릭

住所:경상북도 의성군 의성읍 경북대로 5690

電話:054-832-6362

まとめ

3日間本当に美味しいもので満たされた、ご満悦ツアーでございました!

このツアーの中で一番美味しかったのは、2日目の飲食知味方体験館でいただきました「甘香酒 カミャンジュ」でした

八田さんをはじめ、Plannet 安井様、ご一緒させていただいた皆様に感謝申し上げます。

慶尚北道のツアー、これから新しいコースなどたくさんできそうな予感です。皆さん是非チェックしてみてくださいね!

それでは、今回の慶尚北道グルメツアーレポ終了となります。ありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください