八田靖史がオススメするグルメツアー6

青松(チョンソン)とは

青松郡は慶尚北道の中東部に位置し人口は2万5909人(2018年5月)。

新羅時代の672年に創建された大典寺(テジョンサ、대전사)、1880年に建てられた伝統家屋の松韶古宅(ソンソゴテク、송소고택)などが有名です。

大典寺

大典寺までは、駐車場からしばらく歩きました。

私は、スーパー晴れ女なんですが、いよいよ雨が降ってまいりました。朝から雨予報だったのが、ここまで持ってくれたので良かったです。

雨が降っていても、大典寺へ行くまでの道にいろんなお店があって見ながら歩くのがとても楽しかったです。

リンゴが有名な産地なので、リンゴを使ったお土産も販売されていました。

試食をしたりんごパンが、もちもちしていて美味しかったので、これをお土産に買いました。米粉入りりんごパン12個入10000W

社長さんがとても陽気な方でした。このお顔をお見かけしたら、ぜひ試食してみてくださいね。

日本でお土産としてリンゴパンを配ったら、”もちもちで美味しい”と好評でした。

 

大典寺は、672年新羅時代に創建されました。

後ろにそびえる岩山が仏様の手に似ていて、ご利益があると言われているそうです。

旅の無事を願って後にしました。

スポンサーリンク

ヨンチョン食堂

夕食は タッペクスク(丸鶏の炭酸水煮込み)の専門店です。

お店のそばで実際に煮込む時の、炭酸水を飲むことができます。

八田さんも試飲中。

鉄分が多く、口の中を切った時の味(笑)

 

メインであるタッペクスクは、コラーゲンもたっぷり。とても柔らかくなり骨からつるっっとお肉がはがれます。

スープともち米のおかゆが、なんとも言えないいい味!!いい出汁をたっぷり吸ったもち米が、文句なしに美味しいのです。

この辺りでよく出てくるという”ツルニンジン焼き”も箸の止まらぬ美味しさでした

またタッペクスクの次に人気の高い、タップルコギ(鶏肉の網焼き)も納得の味でした!!

 

こまり
【ヨンチョン食堂】

경상북도 청송군 청송읍 약수길 226

054-873-2387

周王山温泉観光ホテル

青松郡庁近くにある温泉観光ホテル。2日目はここに宿泊しました。

まさに温泉地にあるホテル! といった感じでした。

 

とてもシンプルなホテルですが、お部屋の中のお風呂も温泉水が出るので、髪の毛サラサラになりました。

ホテルには温泉も併設されていて、朝6時から地元の方などで賑わっているようです。温泉も楽しみにながら青松をめぐる旅オススメですよ〜!

旅の動画はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください