韓国旧正月ソウルでどう過ごす? 旧正月オススメの過ごし方

韓国旧正月事情

皆さん明けましておめでとうございます。

日本は新暦でお正月を祝いますが、韓国は旧暦でお正月をお祝いしますので、毎年お正月期間が変動します。

今年のお正月は、2月16日 日本より1か月半も後なんですね。

何も知らずこの期間に韓国に訪れる方は、お店が閉まっていたり、道路の大渋滞に巻き込まれたりと驚かれる方も多いです。

そこで、今回は実際に韓国の旧正月のソウルが、どんな感じなのかをリアルレポートしたいと思います。




韓国人のお正月の過ごし方

韓国でのお正月は、茶礼(チャレ)と言われる先祖の霊を迎え入れるための祭礼を行います。20種類を超す食べ物を供え、拝礼など一連の儀式を行いますが、儒教文化での祭礼ですので、キリスト教の方は参加ないそうです。(各家庭により異なる)

韓国人は、お正月に実家に帰省して茶礼(チャレ)を行った後、皆でお正月料理やトックスープをいただきます。親戚などが集まったり、挨拶に回ったりします。

ニュースでこの時期話題になりますが、以前はソウルから地方に向かう車の大渋滞情報(民族大移動)が必ず大きく取りあげられていましたが、最近は、都心にいる子供の家に地方から親が会いに来るという逆パターンも増えていると聞きました。

若者の間では、お正月休みの連休を利用して海外旅行に出かける人も多くなったようです。

旧正月はここがお得!

旧正月期間、有料施設が無料で入れるところがいくつかあります。また普段は混んでいる人気店のいい席に座れるなど嬉しいことがあります。

景福宮(キョンボックン)

韓国のパワースポットとして有名な景福宮は、お正月の期間入場料が無料で自由に出入りできます。

 

景福宮に来ているのは、ほとんど外国人です。周りにある韓服(チマチョゴリ)レンタル屋さんで借りた韓服を着て写真を撮る外国人が多くいました。

さて、私は、早速購入した360度カメラで撮影してみましたので、ご覧ください。リアルソウルでございます。

【2018旧正月 景福宮】

 

韓国有数のパワースポットである景福宮(キョンボックン)で、高い”気”をしっかり受け取って新年をスタートさせてみてはいかがでしょうか?最高の一年になること間違いなしです。

【景福宮の行き方】

こまりちゃん

景福宮は、観覧開始と同時がオススメです。

お昼前になるとたくさん人が観覧に来ていましたので、ぜひ人の少ない時間を狙ってみてくださいね。



宗廟(チョンミョ)

通常予約をして、決められた時間に文化解説員と共に観覧するようになっておりますが、お正月期間は無料で自由に観覧することができます。

世界文化遺産に登録されている宗廟の建物は、とても華やかで目を引く装飾はなく、厳かで静かに佇む中にも強さや神聖さのようなものが感じられました。

【2018旧正月 宗廟】

 

 

とても広い敷地内に流れる静かで神聖な空気を、お正月にたっぷり吸収したら、健康で幸せな一年を過ごせるはずです。

 

韓国の国鳥である”カササギ”は、嬉しい便りを届けてくれる鳥として知られています。「カササギを見るといいことがある。」などと言われている吉鳥です。チョンミョで、しっかりカササギを見ることができたので、今年一年は幸せになりそうです(笑)

 

 

【宗廟の行き方】

오설록 (osulloc)

 

済州島(チェジュド)で栽培された緑茶のカフェ。1Fが販売フロアになっていて、おしゃれなパッケージのブレンド茶などが購入できてお土産に最適です。

2F、3Fがカフェ。1Fで注文をすると座席まで届けてくれます。

いつも混んでいる仁寺洞店も、お正月は空いていて、窓側の席に座ることができました。お客さんも私を含めて3組だけの貸切状態。

ほうじ茶ラテと緑茶タルトをいただきました。

 

K-STYLE HUB

以前韓国観光公社の観光案内所が地下にあったビルに、施設を拡大して韓国の文化体験や案内所などが展開されています。

カフェはお休みでしたが、案内所はもちろん、VR体験Photo体験などはお正月から体験可能です。

困ったことがあったら、ここに行けば日本語が通じますので色々助けてもらえます

こまりちゃん

お正月は、人が少ないので色々じっくり体験ができるので狙い目です

旧正月ここはお休み

東大門のファッションビル、市場はほとんどお休みのようです。夜通しショッピングをお考えの方は、東大門方面はお正月休み明けてからをおススメいたします!

ロッテ百貨店(本店)など百貨店系もお正月当日はお休みです。

市場もお休みのところが多いのですが、”広蔵市場”メイン通りは開いているお店と開いていないお店がありました。

全部は開いていませんが、お腹が空いたら広蔵市場へ行き屋台ご飯を食べて韓国気分を味わうのもオススメです。

まとめ

今までは、お正月はどこに行っても閉まっているから旧正月は避けていくべし! と言われていましたが、東大門ショッピングが目的でなければ、お得に楽しめます。

明洞、仁寺洞あたりでは、カフェはほとんど開いていました。閉まっているお店もありましたが、時間が短縮されていたり、オープン時間が通常より遅いという感じでしたがご飯屋さんも開いていました!

航空券も安く出ていたりしますので、ぜひお正月雰囲気を味わいながら、お得に韓国を楽しんでみてはいかがでしょうか?

こまりちゃん

次回は実際に1日動き回ったコースを記事にします

お楽しみに アンニョンニョーン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.