トッケビ 韓国ロケ地巡り コンユ主演大人気ドラマの撮影地を追う 

社会現象にもなったトッケビブーム。世の女子が、トッケビと死神に恋してしまった2016年の大人気ドラマ。

このトッケビの撮影地の多くは「仁川(インチョン)」でした。そこでトッケビロケ地を一挙にご紹介したいと思います。


大人気ドラマ「トッケビ(鬼)」

キャスト

豪華人気俳優が出演。見ているだけでも癒されます

コン・ユ
懐かしい作品になりますが、「コーヒープリンス1号館」は、日本でも放送されご覧になった方も多いのではないでしょうか? 映画では昨年「新感染」が大ブレイク
イ・ドンウク
「ホテルキング」映画「ビューティーインサイド」俳優、モデルとして活躍中。
キム・ゴウン
映画「ウンギョ」でデビュー、ドラマ「チーズイントラップ」注目の女優
ユ・インナ

「シークレットガーデン」「最高の愛」「星から来たあなた」有名作に多数出演。

詳細は下記の公式サイトをご覧下さい

あらすじ

高麗時代の英雄だったキム・シン(コン・ユ)は、若き王の嫉妬から逆賊として命を落とす。
その後、神の力によって“不滅の命”を生きる“トッケビ”となってしまったシン。彼を永遠の命から解き放つことができるのは“トッケビの花嫁”と呼ばれる存在ただ一人。
そして900年以上の時を経たある日、シンは女子高生ウンタク(キム・ゴウン)と出会う。
ウンタクはシンがトッケビであることを見破り、自分こそがトッケビの花嫁だと主張するが、半信半疑のシン。
一方、シンの家臣の子孫であるユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)が勝手にシンの家を死神(イ・ドンウク)に貸し出したせいで、シンと死神の男二人の奇妙な同居生活がスタート。そこへ親戚から厄介者扱いされていたウンタクが押しかけてきて賑やかになるシンの家。天真爛漫なウンタクと過ごすうちに、“不滅の命”の終わりを望んでいたはずのシンの心は揺らぎ始める。
同じ頃、死神はウンタクのバイト先のチキン店の社長、サニー(ユ・インナ)と出会う。シンはウンタクに、死神はサニーに振り回されながらも、それぞれに芽生えた恋心を自覚。やがて、シン、ウンタク、死神、サニーの4人の恋と数奇な運命が動き始める。

引用:トッケビ公式サイト

*パンフレットの写真です

トッケビ 仁川のロケ地

トッケビの多くのシーンを仁川で撮影しました。仁川のロケ地をご紹介しますので、ドラマのシーンを思い出しながらロケ地巡りを楽しんでいただきたいと思います。

ペダリ古本屋通り

トッケビが、読書していた古本屋 この外観を見たらつい写真を撮りたくなってしまいます。

いい雰囲気ですよね〜。

松現近隣公園

この公園にはなんと立派な看板まで設置されていました!人気の高さがうかがえます。

ウンタクが連れて行かれそうになったのを阻止するトッケビがいた公園です。

自由公園

公園のゴミ箱の火を消して、ウンタクがトッケビを呼んだところ。

春には桜なが咲き乱れ、お花見で賑わう公園。公園からは仁川の海まで見えてとても気持ちがいいです。

チャイナタウンに隣接していて、仁川駅から歩いて10分もかかりません。

済物浦(ジェムルポ)倶楽部

トッケビと死神のシーン。この場所にあの二人が立っていたと想像するだけでもテンション上がっちゃいます。

済物浦倶楽部は、ロシア人が設計。外国人の親睦を深めるために社交場として、1901年に建てられました。中を見学することができるので、ぜひご覧ください。当時の素晴らしい西洋式建築に目を見張ります。

花요일(ファヨイル)

仁川中区にあるカフェです。このカフェ前でもトッケビとウンタクのシーンが撮影されました。

カフェにはその時の写真が飾られています。花茶、どら焼きなどを提供するこじんまりとした雰囲気のいいカフェです。

 

メタセコイアキル(首都圏埋立地)

トッケビと死神がウンタクを救う時に通った道路。実際は夜のシーンでした。夜になると鬱蒼とした感じが出るんですよね〜

今回は仁川観光広報大使ということで特別に撮影させていただきました。ありがたや〜

看板もありました!!

このメタセコイヤの通りに行きたい方は、秋の”菊祭り”(9月20日前後)がチャンスです。この時は一般の人もここに入れます!!

青羅(チョンラ)湖水公園

トッケビがウンタクに剣の秘密を打ち明けた公園。

湖水公園では、無料噴水ショーが行われています。高層ビル群をバックに音楽に合わせた噴水と光の美しいショーを楽しむことができます。

NEATタワー

トッケビがウンタクの母の願いを聞いた場所

305m、68階建の超高層タワーは、オフィス、ホテル、バーなどが入っています。高層階のバー(パノラマミック65)から、仁川を一望することができます。

 *NEATタワーにオークウッドホテルが入っています

慶源齋(キョンウォンジェ)ホテル

トッケビとウンタクが過ごした場所

仁川で一番オススメのホテルです。韓屋ホテルとしては韓国最大。最高のおもてなし空間です!ここは一度は泊まっていただきたい、強烈推薦のホテルです。

撮影されたのは、スイートルーム。スイートルームにはお庭がついていてとても雰囲気がいいです!

まとめ

仁川にはこんなにたくさんのロケ地があります。ロケ地だけでなく単純に遊びに行くだけでもとっても楽しい場所です。

トッケビのファンの方も、ファンじゃない方も是非是非遊びに行ってみてくださいね!

ドラマに関すること、ドラマのOSTに関する専門家と言えば”坂巻亜弥子さん” ぜひ、こちらのブログご覧くださいね

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.